レポート

第6回 日本図書館協会九州地区図書館の集い/図書館総合展フォーラム2013 in 熊本参加レポート

2013年1月28日(月)に開催した 第6回 日本図書館協会九州地区図書館の集い/図書館総合展フォーラム2013 in 熊本 につき、参加者である赤山みほさん(筑波大学大学院)より参加レポートをお寄せいただきました。

ご執筆・ご寄稿いただいた赤山さんに心より御礼申し上げます。

第6回 日本図書館協会九州地区図書館の集い/図書館総合展フォーラム2013 in 熊本参加レポート

執筆:赤山みほ(筑波大学大学院)

図書館業界では注目されている九州地区で、図書館総合展のフォーラムがあるというのを知り、参加させていただきました。九州のなかでも先進的な取り組みとして取り上げられている図書館や大学の方々を講師として迎えられ、6つの分科会が開催されました。すべての講演を拝見できればしたいと思える内容でしたが、同時に3会場で開催され、1分科会1時間の2部構成のため拝見できるのは2講演だけと制限があり、とても残念でした。

私が参加した分科会は「初年度入館者100万人の仕掛け-くまもと森都心プラザ図書館」、「市民と協働する図書館づくり-伊万里市民図書館」です。

学術電子教科書・教材はこうなる-新しい流通と取組について

学術電子教科書・教材はこうなる-新しい流通と取組について

  

日時:2012年11月22日(木)15:30-17:00
場所:第1会場
主催:国立情報学研究所
講師:
 入江伸さん(慶應義塾大学メディアセンター)
 井上仁さん(九州大学情報基盤研究開発センター学習環境デザイン研究部門 准教授)
 堀真寿美さん(帝塚山大学TIES教材開発室)
 長丁光則さん(大日本印刷株式会社教育・出版流通ソリューション本部)
 武田英明さん(国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系教授)
 山地一禎さん(国立情報学研究所学術認証推進室、コンテンツ科学研究系准教授)

概要:大学における電子教科書・教材は、どんな形で作られて利用できるようになるのか?そのブレークスルーに挑戦する議論を行います。
フォーラム詳細:http://2012.libraryfair.jp/node/886
  

   

h3.

日本のナレッジベース構築に向けて-電子リソース管理データベース(ERDB)プロジェクトの現状と将来展望について

日本のナレッジベース構築に向けて-電子リソース管理データベース(ERDB)プロジェクトの現状と将来展望について

  

日時:2012年11月22日(木)10:30-12:00
場所:第1会場
主催:国立情報学研究所
講師:
 田邊稔さん(国立情報学研究所学術コンテンツ課)
 片岡真さん(九州大学情報システム部)
 上野友稔さん(電気通信大学附属図書館)
 伊藤民雄さん(実践女子学園情報センター)

概要:電子リソース管理で苦労している図書館員や利用者サービスの拡充を狙っている方必見です!
フォーラム詳細:http://2012.libraryfair.jp/node/884
  

  

h3.

創る図書館を創る/未来の図書館を作る-ライブラリーキャンプ2012秋実施報告会

学術論文には何が書かれているか?-論文を構成する意味の分析と検索への応用-

学術論文には何が書かれているか? -論文を構成する意味の分析と検索への応用-

  

日時:2012年11月22日13:00~14:30
場所:図書館総合展第1会場
主催:国立情報学研究所
講師:
 相澤彰子さん(国立情報学研究所知識コンテンツ科学研究センター長/コンテンツ科学研究系教授)
 宮尾祐介さん(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系准教授)
 内山清子さん(国立情報学研究所学術コンテンツ課コンテンツシステム開発室特任准教授)
 阿辺川武さん(国立情報学研究所連想情報学研究開発センター特任准教授)

概要:専門用語とその関係や数式など、論文を構成する意味の単位をめぐる研究の話題と、論文閲覧システムなど論文検索への応用について紹介します。
フォーラム詳細:http://2012.libraryfair.jp/node/885

  

  

h3.

津田大介と語る図書館-図書館へのメッセージ

津田大介と語る図書館-図書館へのメッセージ

津田大介と語る図書館-図書館へのメッセージ

  

日時:2012年11月22日(木) 10:30-12:00
場所:第14回図書館総合展 展示会場内
主催:図書館総合展運営委員会
協力:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
講師:
 津田大介さん(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)
 田邊稔さん(国立情報学研究所特任技術専門員)
 日向良和さん(都留文科大学図書館学講師)
 myrmecoleonさん(みゅるめこれおん)
司会:
 岡本真さん(アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー)

概要:ベストセラー『Twitter社会論』や近著の『情報の呼吸法』『動員の革命』等で知られる津田大介氏を招き、事前募集した指定討論者と図書館について語り合います。
フォーラム詳細:http://2012.libraryfair.jp/node/896
  

  

(以下敬称略)
  

h3.

つくってみた ライブラリアンとエンジニアの協働-ライブラリアン自らのアイディアを実現するためには?

つくってみた ライブラリアンとエンジニアの協働* ライブラリアン自らのアイディアを実現するためには?

  

日時:2012年11月22日10:30~12:00
場所:第2会場
主催:マイニング探検会
協力:株式会社ネクスト、アカデミック・リソース・ガイド株式会社
講師:
 清田陽司さん(株式会社ネクスト 技術基盤本部 リッテル研究所)
 大向一輝さん(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授)
 山田奈々(青森県立保健大学附属図書館 主査)
 村木彩乃(日本事務器株式会社 営業本部技術統括部文教サポートセンター)
 日向野達郎(東京電機大学大学院未来科学研究情報メディア学専攻 修士2年)
  
概要:合宿成果報告と、組織の枠を超えて行動する意義について。
フォーラム詳細:http://2012.libraryfair.jp/node/887
  

フォーラムの構成

  • 司会による趣旨説明
  • 開会挨拶
  • マイクロボランティア班企画紹介
  • 人的キュレーション班企画紹介
  • レファレンス班企画紹介
  • ディスカッション、会場質問
  • まとめ
      

h3.

貴重資料とデジタルアーカイブ-図書館の枠組みをこえた新しい資料公開・保存方法の提案

貴重資料とデジタルアーカイブ-図書館の枠組みをこえた新しい資料公開・保存方法の提案

日時:2011年11月22日13:30~14:30
場所:第6会場
主催:雄松堂書店/大日本印刷株式会社/インフォコム/インフォマージュ
講師:
 小島浩之さん(東京大学講師・経済学部資料室長代理/コメンテーター)
 清水拓哉さん(大日本印刷)
 吉田勇二さん(インフォコム株式会社)
 綿引雅俊さん(株式会社インフォマージュ)
 池田尚登さん(雄松堂書店)

概要:全国各地の大学、研究期間、図書館、文書館、企業の資料室などで大切に保存されてきた貴重資料-あらゆる文献のデジタルアーカイブ化が提唱される中、これらの貴重資料も例外ではなく、各地でデジタル化に対する取り組みが進められています。しかしその一方で、デジタル化の費用を確保できない機関、あるいはデジタル化はされているが、利活用が進まないデータベースを抱える機関も数多く存在します。雄松堂書店、丸善、大日本印刷が3年の構想機関を経て開発したJ-DAC(ジャパン デジタル アーカイブ センター)は、貴重資料のデジタル保存から公開、利活用の促進までをトータルサーポートします。このフォーラムでは東京大学経済学部の事例をもとに、貴重資料の新しい公開・保存方法をご提案します。

ブレインテック ユーザー研究会 第1部(講演)-“ウェブらしさ”から考える、小規模図書館の利用者サービス戦略

ブレインテック ユーザー研究会 第1部(講演)-“ウェブらしさ”から考える、小規模図書館の利用者サービス戦略

  

日時:2012年11月21日(水)13:00-14:30
場所:第6会場
主催:株式会社 ブレインテック
講師:大向一輝さん(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系准教授)

概要:”ウェブらしさ”とは何か?それを考えることが図書館の利用者サービス戦略にどう影響を与えうるのか?ウェブの研究者である大向氏が、設計・開発に携わってきた「CiNii」で行なってきた様々な施策を、サービスをデザインするという視点からご紹介いただき、そこから小規模図書館がそのプレゼンスを高めるための利用者サービス戦略のヒントを探っていきたいと思います。

これからの情報サービス:大学は図書館に多くを期待している-IAALの取り組み

これからの情報サービス:大学は図書館に多くを期待している-IAALの取り組み

これからの情報サービス:大学は図書館に多くを期待している-IAALの取り組み

  

日時:2012年11月21日13:00~14:30
場所:第9会場
主催:NPO法人大学図書館支援機構(IAAL)
講師:
 米澤誠さん(東北大学附属図書館・IAAL理事)
 高野真理子さん(IAAL理事)
司会:
 伊澤和夏さん(IAAL)

概要:学生の主体的な学びを促すこと,そしてそれを支える「人」に注目!
フォーラム詳細:http://2012.libraryfair.jp/node/878
  
  

フォーラムの構成

  • IAALについての説明(司会・伊澤和夏さん)
  • 「これからの情報サービス:大学は図書館に多くを期待している」米澤誠さん(東北大学附属図書館・IAAL理事)
  • 「アイアール白熱教室 これから情報サービスの話しをしよう」高野真理子さん(IAAL理事)
      

h2.

コンテンツ配信