図書館総合展放送局及びレポートサービスのお知らせ

図書館総合展では、フォーラムのオプションサービスとしてUstreamを使ったフォーラムの中継及び動画のアーカイブや、フォーラムのレポートをウェブサイトに掲載するサービスを実施しています。

第14回図書館総合展においても多数のフォーラムを中継・レポートし、“自宅/職場にいながら楽しめる図書館総合展”を演出します!

これらのオプションサービスは、まだ僅かながら受付が可能ですので、ご希望のフォーラム主催者さまにおかれましてはお早めのお問い合わせをお願いしております。

以下に図書館総合展放送局及びレポートサービスの詳細を記載しますので、ご参照ください。

両サービスのお申し込みは事務局(iikawa[at]j-c-c.co.jp )、お問い合わせはARG(info[at]arg-corp.jp )までお願い致します。
また、放送局は締め切りが11月2日(金)、レポートサービスは11月10日(土)になっておりますので、お気をつけください。

今年もどのようなフォーラムが中継&レポートされるのか、ぜひ楽しみにしてください!

図書館総合展放送局

Broadcast announcement from libraryfair

フォーラム生中継・動画保存サービスでは、USTREAMを使ってフォーラムの中継及び動画のアーカイブを行います。
単にフォーラムを開催するだけですと、やはりどうしてもその場限りで終わってしまいがちですが、中継、さらには録画を公開することにより、遠方において参加することが叶わなかった参加者様への遡及や,社内研修資料としての活用が可能になります。また、図書館総合展は平日の開催ですので、どうしても業務との都合が合わず直接の参加が叶わなかった参加者も多いと思われますが、そのフォローも可能となります。
実際に、過去の記録では中継のリアルタイムでの視聴者は数十から数百名ほど、アーカイブの視聴者数は1年間で最大1300名を記録するなど、リアルタイムの数倍から数十倍までの効果が実証されております。
  

DVD作成サービス

今年度は生中継サービスのさらなるオプションとして、DVD作成サービス提供します。DVDでの提供は、Web上の録画に比べ約4-5倍ほど画質が向上するという利点があります。

中継及びDVDの作成には数の限りがございますので、ご希望の主催者さまにおかれましてはお早めのお問い合わせをお願い致します。

  

昨年の録画サンプル

フォーラムレポートサービス

フォーラムレポートサービスでは、フォーラムの模様を4,000 ~8,000字程度に文章化し、フォーラム実施翌日正午までに、図書館総合展公式ウェブサイトに掲載します。
このフォーラムレポートの公開には、本サービスにしかできない2つの大きなメリットがあります。
  

速報性

基本的にフォーラムレポートは【フォーラム実施日翌日正午】までに公式ウェブサイトに掲載されます。そのため、例えば総合展1日目にフォーラムを実施された場合、2日目及び3日目にご来場され、フォーラムをご覧いただけなかったお客様や、遠方にお住まいのお客様にもフォーラム内容をご理解いただくことが可能です。
  

アーカイブ

フォーラムレポートは【公式ウェブサイト】に掲載され、ウェブサイトごと記録が保存されるため、総合展終了後も多くの方にフォーラム内容を知っていただくことができます。その結果、フォーラムを通じたお客様との新しい出会いや、社内研修資料としての活用など、総合展後のフォーラムの利用可能性が広がります。
また、フォーラム参加者様の出張報告等にもご利用いただけるため、出展者様のクライアント様へのサービスとしても有用です。
  

昨年のレポートサンプル

原則、フォーラムレポートは公式ウェブサイトへの掲載をもって納品とさせていただいておりますが、昨年はレポートを社内資料として配布する出展者様もいらっしゃいました。その他、レポートを電子書籍として配布するなど、ご要望には臨機応変に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。