フォーラムのタイトル
地方財政と図書館
-交付税の活用で図書館整備を
フォーラムの概要
会場 : 第2会場(アネックスホール202)
日時 : 2012年11月21日(水)
時間 : 13:00-17:20
主催 : キハラ株式会社 後援:日本図書館協会
フォーラムの内容

【第1部】報告と説明『光交付金と図書館での活用実績』

  • 講師:
    • 糸賀雅児(慶應義塾大学文学部教授)
    • 長谷光浩(内閣府地域活性化推進室課長補佐)
    • 神谷俊一(総務省自治行政局地域政策課理事官)
    • 丹野史教(文部科学省生涯学習政策局社会教育課課長補佐)
    • 相宗大督(大阪市立住吉図書館)
    • 河瀬裕子(くまもと森都心プラザ図書館)
    • 磯谷奈緒子(島根県海士町中央図書館)

【第2部】パネル討論『地方財政と図書館-光交付金で図書館整備を』

  • 講師:
    • 片山善博(慶應義塾大学法学部教授、元総務大臣)
    • 上月正博(文部科学省大臣官房審議官)
    • 武居丈二(総務省地域力創造審議官)
    • 永利和則(日本図書館協会理事)
  • コーディネーター:
    • 糸賀雅児(慶應義塾大学文学部教授)

光光交付金について、第1部では光交付金についての説明と報告を、第2部では活発なパネル討論をおこないます。

「光をそそぐ交付金」は、これまで住民生活にとって大事な分野でありながら、光が十分に当てられてこなかった分野に対し、平成22年度に総額1000億円が交付され、うち400億円が全国の公共図書館と学校図書館の整備・充実に活用されました。この規模での図書館振興は、かつてないことです。そこで、このパネル討論では、その意義と今後の図書館整備の方向性を当時の総務大臣である片山善博氏や省庁関係者、そして現場の図書館長らとともに考えます。

※資料費1,000円

対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 小・中・高学校図書館関係者
  • 一般
  • 行政関係者
申し込み・問い合せ先
  • 弊社サイトの第14回図書館総合展リンクより専用フォームからお願いいたします。
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: キハラ株式会社 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 2012年11月21日(水) 13:00-17:00