フォーラムのタイトル
クールジャパンから リアルジャパンへ【第1部】
-グローバルな日本研究を支えるMLAコラボレーションを目指して
フォーラムの概要
会場 : 第2会場(アネックスホール202)
日時 : 2012年11月20日(火)
時間 : 13:00-14:00
主催 : 北米日本研究資料調整協議会(NCC)図書館総合展運営委員会
フォーラムの内容

【第1部】ライブラリアンと語るわたくしの日本研究
My Japan Studies, talking with my Librarian

  • 講師:
    • ドナルド・キーン(コロンビア大学名誉教授)
    • エイミー・ハインリック(元コロンビア大学図書館長)

日本文化研究の泰斗、キーン氏にとって書籍や図書館の意義とは?

元コロンビア大学東アジア図書館長のエイミー・ハインリック氏がドナルド・キーン氏に聞く―日本研究における書籍、司書、図書館、文化財の意義とは?
Dr. Amy Heinrich, former director of the C. V. Starr East Asian Library at Columbia University, asks Dr. Donald Keene of what books, librarians, and libraries mean in light of his research of Japanese culture.
※会議は日本語で行います

  • 【第1部】後援団体
    • 日米友好基金 (Japan-US Friendship Commission)
    • 東芝国際交流財団 (Toshiba International Foundation)
    • コロンビア大学C.V.スター東アジア図書館 (Columbia University C.V. Starr East Asian Library)
  • 助成団体
    • 国際交流基金日米センター (The Japan Foundation Center for Global Partnership)
対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 小・中・高学校図書館関係者
  • 博物館・美術館・公文書館
  • 学生
  • 一般
  • 行政関係者
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 北米日本研究資料調整協議会(NCC) 図書館総合展運営委員会 
この講師陣の他のフォーラムを見る: エイミー・ハインリック ドナルド・キーン 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 2012年11月20日(火) 13:00-14:00