第14回図書館総合展 フォーラム プログラム

招待券のPDFデータもご利用いただけます。

ブース出展者一覧(簡易版)も公開中です。

2012年11月19日(月) – プレイベント

開催場所
14:00-16:00
横浜市中央図書館 デジタルネットワーク社会における学校教育と図書館-電子書籍を読み、タブレットでノートを取る時代に、図書館は何をすべきか? 
講師:淺野隆夫、野末俊比古ほか
主催:図書館総合展運営委員会

    
   

2012年11月20日(火) – 1日目

開催場所
10:30-12:00
13:00-14:30
15:30-17:00
第1会場(アネックス201) 生涯にわたって学び、考え、集える図書館をめざして 
講師:倉部史記、野末俊比古
主催:日本図書館協会
『触発する図書館』-高知(県+市)図書館と千葉大学アカデミック・リンク…公共と大学の挑戦 
講師:鳴海雅人、竹内比呂也ほか
主催:佐藤総合計画
SCREAL2011調査報告-調査結果に見られる電子情報資源の現在と今後の方向 
講師:佐藤義則、竹内比呂也ほか
主催:学術図書館研究委員会
第2会場(アネックス202) 国立国会図書館の新たなる挑戦-デジタル情報時代における課題の解決に向けて 
講師:大滝則忠
主催:図書館総合展運営委員会
クールジャパンから リアルジャパンへ【第1部】-グローバルな日本研究を支えるMLAコラボレーションを目指して 
講師:ドナルド・キーンほか
主催:北米日本研究資料調整協議会/図書館総合展運営委員会
※開催時間:13:00-14:00
クールジャパンから リアルジャパンへ【第2部】-グローバルな日本研究を支えるMLAコラボレーションを目指して 
講師:青木保、ヨコタ=カーター啓子ほか
主催:北米日本研究資料調整協議会/図書館総合展運営委員会
※開催時間:14:20-17:00
第3会場(アネックス203) 図書館100連発-フツーの図書館にできること
講師:嶋田綾子、嶋田学ほか
主催:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
「共読ライブラリー」が創る「人」「本」「学び」の未来-図書館を変えるブランド戦略
講師:松岡正剛、小林昌二ほか
主催:帝京大学
図書館+調べる学習=子ども読書推進-「実践例に学ぶコンクール*のすすめ方  「図書館を使った調べる学習コンクール」  
講師:松本剛ほか
主催:図書館振興財団
第4会場(アネックス204) ICタグで図書館が変わった!-三鷹市立図書館のICタグ導入に見る図書館の将来 
講師:大島克己
主催:図書館流通センター
研究業績を把握して研究支援につなげる具体策-図書館員も知っておきたい研究マネジメントの最新動向 
講師:柿田佳子、岡本純
主催:エルゼビア・ジャパン
「世界の自動書庫の導入状況について」-世界各国の学校や企業の自動書庫について紹介いたします。 
講師:黒澤公人
主催:岡村製作所
第5会場(アネックス205) 学校図書館の環境整備-より使いやすく・より魅力的に 
講師:巻田徹、堀部尚久
主催:全国学校図書館協議会
学校図書館の環境整備-より使いやすく・より魅力的に 
講師:巻田徹、堀部尚久
主催:全国学校図書館協議会
電子図書館サービスの現在と図書館のこれから 
講師:渡邉斉志ほか
主催:国立国会図書館
第6会場(アネックス206) 北欧の図書館から学ぼう-なぜ北欧の公共図書館には行列ができるのか 
講師:吉田右子
主催:神奈川県図書館協会
単行本の修理-製本実習- -体験実習を楽しもう 
講師:高尾斉、川人拓
主催:キハラ
ジャパンリンクセンター利用説明会-DOIで国内の電子学術コンテンツへの永続アクセスを可能に! 
講師:ジャパンリンクセンター運営委員会
主催:ジャパンリンクセンター運営委員会
第7会場(E205) 「日本の三大災害: 地震、津波、原子力発電所事故」継続的ニュース報道-「トランスレーショナル医療 – 2012年の重要な貢献」 
講師:Dennis Normile、Kiki Forsythe
主催:AAAS/Science
Mendeley(メンデレー)機関版の新たな可能性-SNSを基盤とした文献管理・共同研究ツールによる、学術コミュニケーションの変革と研究評価の新しい指標づくりへ 
講師:Victor Henning
主催:スエッツ インフォメーション サービス株式会社
子どもの読書環境を考える-公共図書館、学校図書館、それぞれの立場から 
講師:三村敦美、松石圭子ほか
主催:岡山情報処理センター
第8会場(E206) グレートブックス・ライブラリカフェ:新しい図書館の運営モデル-農・食・祭り、地域自立に向けた新しい晴耕雨読のライフスタイルづくりへ スマートシティの取り組み 
講師:森田恒夫、徳山郁夫ほか
主催:図書館総合展運営委員会
公共図書館のデジタル化-公共図書館でのデジタル化活用事例、電子図書館導入事例、韓国の先進事例から 
講師:山崎博樹、盛田宏久ほか
主催: 電子出版制作・流通協議会
思いがけずシステム担当者になってしまったら-OPACをDIYで充実させる 
講師:伊藤民雄、川嶋斉
主催:日外アソシエーツ
第9会場(E204) データベースの横断活用で、図書館の実力底上げ 
講師:堀川真理子、坂田有美ほか
主催:読売新聞
ネオシリウス・ユーザー・フォーラム 第1部~これからの図書館システムの展望、2つの視点から~災害対策とディスカバリー~ 
講師:立沢研二、新元公寛
主催:日本事務器
ネオシリウス・ユーザー・フォーラム 第2部~新機能発表やユーザー様事例のご紹介などネオシリウスユーザ必見の内容です~ 
主催:日本事務器
第10会場(会議センター503) 指定管理者制度は図書館を殺したか? 
講師:南学、井東順一ほか
主催:図書館総合展運営委員会
首長が語る地方行政の現状と図書館への期待-名取市、小布施町、瀬戸内市の取り組みに学ぶ 
講師:佐々木一十郎、市村良三、武久顕也ほか
主催:図書館総合展運営委員会
東日本大震災から1年半を経て-復興に向けた政策課題 
講師:鈴木寛、神代浩ほか
主催:図書館総合展運営委員会
展示会場内 東北発「図書館とは何か」-青柳文庫の検証から見えてくるもの 
講師:ときわひろみ、小林真理絵ほか
主催:みちのく図書館員連合(MULU)
Library of the Year 2012 最終選考会-よい図書館を「よい」と言う 
講師:大串夏身、野末俊比古ほか
主催:知的資源イニシアティブ(IRI)
学術コミュニケーションの動向2012年 
講師:土屋俊
主催:図書館総合展運営委員会

    
   

2012年11月21日(水) – 2日目

開催場所
10:30-12:00
13:00-14:30
15:30-17:00
第1会場(アネックス201) 学術雑誌の変貌:フィンチレポート、新BOAIイニシャチブ、英国最新事情-第9回DRFワークショップ:DRF9
講師:大園隼彦、山本和雄
主催:デジタルリポジトリ連合(DRF)
学術雑誌の変貌:フィンチレポート、新BOAIイニシャチブ、英国最新事情-第9回DRFワークショップ:DRF9
講師:Dominic Tate、土屋俊
主催:デジタルリポジトリ連合(DRF)
学術雑誌の変貌:フィンチレポート、新BOAIイニシャチブ、英国最新事情-第9回DRFワークショップ:DRF9
講師:鈴木正紀、西薗由依
主催:デジタルリポジトリ連合(DRF)
第2会場(アネックス202) 千葉大学アカデミック・リンクは進化する-新しい学習環境の創造と課題
講師:竹内比呂也、姉川雄大ほか
主催:千葉大学アカデミック・リンク・センター
地方財政と図書館-交付税の活用で図書館整備を
講師:片山善博、糸賀雅児ほか
主催:キハラ
地方財政と図書館-交付税の活用で図書館整備を
講師:片山善博、糸賀雅児ほか
主催:キハラ
第3会場(アネックス203) 日本語学術文献の電子的流通の促進-現状と課題
講師:土屋俊
主催:図書館総合展運営委員会
自治体史のプラットフォームシステム TRC-ADEAC 製品発表会
講師:田山健二、保谷徹ほか
主催:図書館流通センター
高めよう、広げよう、情報専門職のコア技能!-国立国会図書館関西館の研修 徹底活用!!(仮題)
講師:兼松芳之ほか
主催:国立国会図書館
第4会場(アネックス204) 産学協同で進める文化財のデジタルアーカイブ-大阪大学懐徳堂文庫の取り組み
講師:湯浅邦弘
主催:凸版印刷
図書館における学習支援の現状と課題
講師:長澤公洋、山内祐平ほか
主催:丸善
実践事例から探る教育・学習支援の展望-ヒト・モノ・カネの不足を「知恵」と「協働」で乗り越える
講師:野末俊比古ほか
主催:丸善
第5会場(アネックス205) 図書館が拓く新たな電子書籍の世界-図書館と出版社の共同宣言
講師:山崎博樹、仲俣暁生ほか
主催:電子書籍図書館推進協議会
大学図書館における電子ブックのこれから-日本とアジア各国からの知見と考察
講師:小山憲司、高橋昭治
主催:エルゼビア・ジャパン
江戸川乱歩『貼雑年譜』の保存処理-近世・近代資料の保存処理(酸性資料の保存)
講師:落合教幸、品川晃二
主催:大入
第6会場(アネックス206) 市民の健康を守る図書館の役割-「2人に1人はがん」時代をむかえて
講師:岡田就将、竹田寛ほか
主催:図書館海援隊 リボン部
ブレインテック ユーザー研究会 第1部(講演)-“ウェブらしさ”から考える、小規模図書館の利用者サービス戦略
講師:大向一輝
主催:ブレインテック
ブレインテック ユーザー研究会 第2部(事例発表・交流会)
主催:ブレインテック
第7会場(E205) “大量電子化の極意“-史料・書籍・デジタルデータ・マイクロフィルム
講師:添野貴史、東龍治ほか
主催:国際マイクロ写真工業社
「Evidence-Based Practiceとオープンアクセスの動向を捉えて」-「医学・医療情報の最新動向-専門出版社の視点から」
講師:三木律子
主催:ウォルターズ・クルワー・ヘルス・ジャパン
平成23年度助成事業の成果発表会
講師:山田市雄、上村陽子
主催:図書館振興財団
第8会場(E206) 今日から使える図書館ブランディングセミナー(3)図書館員の自分ブランディング検定-専門職崩壊の時代にあなたの専門職イメージは何点?
講師:仁上幸治、石川敬史ほか
主催:図書館サービス計画研究所(トサケン)
図書館の業務委託導入は正解であったか-図書館の委託戦略を4大学と語る【パネルディスカッション】
講師:中元誠、大川龍太郎ほか
主催:キャリアパワー
EBSCOディスカバリーサービス(EDS)-ユーザーによる報告と最新情報
講師:磯崎仁
主催:EBSCO International Inc., Japan
第9会場(E204) 橋本五郎 本と政治と図書館と
講師:橋本五郎
主催:読売新聞
これからの情報サービス:大学は図書館に多くを期待している-IAALの取り組み
講師:米澤誠、高野真理子
主催:大学図書館支援機構(IAAL)
図書館の主要汚染カビと対策-日本と韓国の実例をまじえて
講師:李憲俊、金起玄ほか
主催:埼玉福祉会
第10会場(会議センター503) 指定管理者制度の最前線-地方分権時代における図書館の可能性
講師:樋渡啓祐、南学ほか
主催:図書館総合展運営委員会
デジタル環境下における出版ビジネスと図書館-競合から協同へ
講師:柳与志夫、植村八潮ほか
主催:図書館総合展運営委員会
デジタル環境下における出版ビジネスと図書館-競合から協同へ
講師:柳与志夫、植村八潮ほか
主催:図書館総合展運営委員会
第11会場(会議センター413) クラウドだから出来る図書館改革-今、利用者が求める本当のサービス、読む力・創る力・独学への支援
講師:植田英範ほか
主催:株式会社タイムインターメディア
展示会場内 東日本大震災:震災対応に関する疑問・質問にMULUが全力でお答えします!-体験と対策の共有をはかるために
講師:千錫烈、坂本香代ほか
主催:みちのく図書館員連合(MULU)
図書館からスタジアムへ スタジアムから図書館へ
講師:小林隆志、中西哲生ほか
主催:図書館海援隊サッカー部
図書館からスタジアムへ スタジアムから図書館へ
講師:図書館海援隊サッカー部員
主催:図書館海援隊サッカー部

  
  

2012年11月22日(木) – 3日目

開催場所
10:30-12:00
13:00-14:30
15:30-17:00
第1会場(アネックス201) 日本のナレッジベース構築に向けて-電子リソース管理データベース(ERDB)プロジェクトの現状と将来展望について
講師:田邊稔、片岡真ほか
主催:国立情報学研究所
学術論文には何が書かれているか?-論文を構成する意味の分析と検索への応用
講師:相澤彰子、宮尾祐介ほか
主催:国立情報学研究所
学術電子教科書・教材はこうなる-新しい流通と取組について
講師:入江伸、井上仁ほか
主催:国立情報学研究所
第2会場(アネックス202) つくってみた ライブラリアンとエンジニアの協働-ライブラリアン自らのアイディアを実現するためには?
講師:清田陽司、大向一輝ほか
主催:マイニング探検会
質的転換を図る大学教育と図書館-ラーニング・コモンズの先にあるもの
講師:吉見俊哉、Joan K. Lippincottほか
主催:国公私立大学図書館協力委員会
質的転換を図る大学教育と図書館-ラーニング・コモンズの先にあるもの
講師:吉見俊哉、Joan K. Lippincottほか
主催:国公私立大学図書館協力委員会
第3会場(アネックス203) 導入進むオープンソース図書館情報システム
講師:樋口貴章
主催:ミライト情報システム
大学経営を変える新たな図書館-クラウドソーシングという新たな潮流に触れて
講師:宇陀則彦、安東正玄ほか
主催:丸善
MALUI連携とデジタルアーカイブの活用-新たな知の発見に向けて
講師:湯浅俊彦、福島幸宏
主催:凸版印刷
第4会場(アネックス204) 図書館振興財団の事業紹介および記念講演-ニッチとしての図書館
講師:石井昭、島田雅彦ほか
主催:図書館振興財団
高速画像処理とその応用-世界最速ブックスキャナの開発秘話と関連技術が拓く未来
講師:石川正俊、山田雅宏
主催:大日本印刷
やってみてわかった、電子図書館のイロハ-札幌実証実験結果からひも解く電子図書館の課題とメリット
講師:淺野隆夫、盛田宏久ほか
主催:大日本印刷
第5会場(アネックス205) 著作物の利用と著作権-企業内図書館での著作物利用を中心に
講師:未定
主催:神奈川県資料室研究会
津田大介と語る図書館-図書館へのメッセージ
講師:津田大介、Myrmecoleonほか
主催:図書館総合展運営委員会
専門図書館の将来像を考える-日本と米国の視点から見たこれからの専門図書館
講師:Brent Mai、中村利雄
主催:専門図書館協議会
第6会場(アネックス206) ディスカバリーサービスとコンテンツプロバイダー-出版社、新聞社、二次情報データベース制作機関が期待すること
講師:宇陀則彦、松田真美ほか
主催:サンメディア
貴重資料とデジタルアーカイブ-図書館の枠組みをこえた新しい資料公開・保存方法の提案
講師:小島浩之、清水拓哉ほか
主催:雄松堂書店
次世代OPACと利用者参加型ホームページの一元化による情報発信力強化-最新の導入事例のご紹介他
講師:富士通株式会社
主催:富士通
第7会場(E205) Symplectic Elements:新世代研究情報管理ソリューション-リサーチアドミニストレーション、研究戦略立案の切り札
講師:ダニエル・フック
主催:NPG ネイチャーアジア・パシフィック シンプレクティクリミテッド
マイクロフィルムの劣化について 今、何をするべきか-劣化フィルム修復の最新技術と救済サービスのご紹介
講師:吉岡博行、潮田峰雄
主催:ニチマイ
子ども大学かわごえの革新-子どもの「なぜ」に応える大学レベルの授業体験
講師:酒井一郎、徳山郁夫
主催:森永エンゼル財団
第8会場(E206) 震災と図書館支援~宮城県図書館の取組み~
講師:熊谷慎一郎
主催:金剛
著作権 図書館員に期待されること、できること
講師:岩本祐輔、星佳芳
主催:日本医学図書館協会
医中誌Web最新情報-管理者様向け機能の実践的説明+公共図書館様向け「医中誌とは?」情報
講師:医学中央雑誌刊行会 担当職員
主催:医学中央雑誌刊行会
展示会場内 創る図書館を創る/未来の図書館を作る-ライブラリーキャンプ2012秋実施報告会
講師:江渡浩一郎、鎌倉幸子ほか
主催:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
いわてを走る移動図書館プロジェクト 活動報告と今後の展望-1年を振り返り、これからの被災地で求められる図書サービスとは
講師:三木真冴ほか
主催:シャンティ国際ボランティア会
世界の新聞2,200紙を一挙、同日に配信-各国700以上の図書館で採用 多彩な活用事例をご紹介
講師:亀井雅彦
主催:NewspaperDirect

 
 

2012年11月23日(金・祝) – アフターイベント

開催場所
9:00-17:00
東京・神奈川・千葉 第14回図書館総合展主催バスツアー「いま話題の図書館を巡るオプショナル・ツアー」 
ガイド:調整中
主催:図書館総合展運営委員会