5/27(日)開催、図書館総合展フォーラム2012 in 仙台 図書館政策フォーラム2012「東日本大震災とMALUI連携」のお知らせ

国立国会図書館長の交代に伴い、登壇者を変更しました。また、バスツアーのお申込受付を開始しました。

図書館総合展運営委員会では、昨年5月の京都に引き続き、「図書館総合展フォーラム2012 in 仙台」を開催いたします。

今回のフォーラムは、「東日本大震災」被災地支援はもとより、今後の防災・減災、震災のアーカイブ化を始めとする「知のインフラ」の構築を目的に実施するもので、図書館業界で働く方々にとって深く関わりを持つ内容となっています。

5月27日(日)にシンポジウム、翌28日(月)に「東北を訪ねるバスツアー-支援と受援の現場を巡る」を開催いたします。また、5月27日(日)にはプレ企画 東北大学附属図書館ツアー「被害の実態と事前の準備を学ぶ」も開催します。東北地区のみならず、各方面の図書館関係者の皆様のご参加申込みをお待ち申し上げます。

図書館総合展フォーラム2012 in 仙台 図書館政策フォーラム2012「東日本大震災とMALUI連携」

USTREAMによる生中継


Live video from your Android device on Ustream

概要

開催内容:

東日本大震災の惨禍を記録し、今後の防災・減災につなげるために考えられる博物館・美術館(Museum)、文書館(Archives)、図書館(Library)、大学(University)、産業(Industry)の連携方策を検討し、すでに東北各地を中心に取り組まれているアーカイブ構築への社会的な関心を喚起し、関与を促進することを目的とした講演会です。

プログラム:

  • 開会挨拶:奥山恵美子(仙台市長)

  • <第1部>
    • 招待講演:
      ・大滝則忠(国立国会図書館長)
       「MALUI連携に向けて-国立国会図書館としての役割」
      事例報告:
      ・今村文彦(東北大学災害科学国際研究所 教授)
       「震災と大学-東北大学の取組みから」
      ・高田正行(ヤフー株式会社R&D 統括本部 FE 開発2 本部 開発1部 部長)
       「Yahoo! JAPAN-東日本大震災からの考察」
      ・長坂俊成(防災科学技術研究所 防災システム研究センター リスク研究グループ長)
       「311まるごとアーカイブスからMALUIに期待すること」

申込:

https://www.yushodo.co.jp/form/event/lib_sendai.html